電子書籍「タイ移住マニュアル」データ集

第3章 タイで暮らす予算を組もう

予算例

1ヶ月にかかる生活費の例です。

 

タイ人と同じレベルでいい!

項目

詳細

タイ・バーツ

備考

家賃

セキュリティがしっかりとしたアパート

5000

2000バーツ台からある

電気代

エアコンを使わない

500

エアコンを使うと3000バーツに届くことも

水道代

洗濯はたらいで手洗い

200

 

食事  朝

パートンコーなど

600

20バーツ/日

食事  昼

ぶっかけ飯など

1500

50バーツ/日

食事  晩

屋台から持ち帰りで

1800

60バーツ/日

交通費

バスがメイン

500

 

エンタメ費

コンビニでビールなど

1300

ビール1缶程度で

携帯電話代

プリペイドで、音声通話のみ

500

 

 

合計

11900バーツ

 

結論

ほとんどタイ人の生活です。
およそ1.2万バーツから2万バーツ程度のクラスです。
決して悪い生活ではないですが、どこかで日本人の本性が騒ぐというか、ストレスが溜まってきます。
でも、ここまで節約できるのだという例として参考にしてみてください。

 

生活は切り詰めてでも遊びたい!

項目

詳細

タイ・バーツ

備考

家賃

セキュリティがしっかりとしたアパート

5000

2000バーツ台からある

電気代

エアコンを使う

1500

毎日使うと3000バーツに届くことも

水道代

洗濯はたらいで手洗い

200

 

食事  朝

パートンコーなど

600

20バーツ/日

食事  昼

ぶっかけ飯など

1500

50バーツ/日

食事  晩

レストランで

10000

タイ料理や和食なども

交通費

バスがメイン、夜はタクシー

2000

 

エンタメ費

ゴーゴーバーなど

20000

 

携帯電話代

プリペイドSIMでスマホ利用

2000

 

 

合計

42800バーツ

 

結論

このクラスで大体4万バーツ前後からです。
現地採用の方の多くはこのクラスです。
タイ料理も食べたり和食も食べたりという生活で、一番日本人がタイらしく生活できるのではないかと思っています。
本書はこのクラスの方を対象の中心にしています。

 

とにかくリッチに暮らしたい!

項目

詳細

タイ・バーツ

備考

家賃

キッチン付き1ベッドルーム

15000

これくらいの家賃から数十万まで

電気代

エアコンを使う

3000

 

水道代

洗濯機を使い、自炊もたまに

300

 

食事  朝

喫茶店などでサンドイッチなど

4500

150バーツ/日

食事  昼

和食の定食

6000

200バーツ/日

食事  晩

和食や西欧料理など

60000

1食2000バーツくらい

交通費

タクシー

3000

 

エンタメ費

 

20000

 

携帯電話代

ポストペイドSIMでスマホ利用

700

 

 

合計

112500バーツ

 

結論

8万バーツ台からこの生活ができるかと思いますが、もう現地採用の枠ではないです。
このクラスになったらかなりすごいレベルですね。
成功した自営業者などになるので、タイ語も必要ないのではないでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ