電子書籍「タイ移住マニュアル」データ集

第10章 滞在ビザを取得する

※2013年11月1日前後から陸路でのビザなしも30日間滞在許可が出ているようです。

 

在東京タイ大使館でのビザ各種申請書類

在京タイ大使館
住所 : タイ王国大使館 領事部ビザ課  東京都千代田区九段南2-2-1
電話 : 03-3222-4101 (ビザ課 : 263、265)
申請受付 : 9:00〜11:45
※下記の必要書類等は変更される場合があるため、事前に大使館に確認すること
※申請には事前予約が必要です。詳しく大使館ホームページを確認してください

 

観光ビザ

1. パスポート原本(有効期限6ヶ月以上、余白が1ページ以上)

 

2. 申請書1枚

 

3. 写真2枚(カラー3.5×4.5cm)

 

4. 航空券もしくは予約の確認書のコピー(オープンチケット不可)

 

5. 以下のいずれか
@会社員  →在職証明書及および休職証明書(名刺は不可)
A自営or会社経営者 →職業の証明ができる書類および預金の残高証明書
B学生 → 在学証明書or学生証
C定年退職後の方 → 預金残高証明書or年金証書
D主婦の方 →配偶者のパスポートor運転免許書のコピー

 

6. 銀行残高証明書コピーor十分な費用を持つ証明書(ひとり2万THB、家族で4万THB以上)

 

7. 英文旅行スケジュール表or英文観光ビザ申請理由およびその確証(形式は自由)

 

8. 申請料(現金のみ) シングル:4,500円、ダブル:9,000円、トリプル:13,500円

 

*滞在が60日間を超える場合はタイに入国後、タイ国内のイミグレにて30日間の延長が可能。ただし、延長書類は現地の各イミグレにて確認すること
*タイへの渡航歴が多いもしくはダブル以上を申請する場合は長期滞在の理由と確証となる書類の追加書類が必要

 

留学ビザ(ノンイミグラントED)

1〜5まで観光ビザと共通

 

6. 英文経歴書(大使館に用紙あり)

 

7(タイ側)受け入れ先英文入学許可証原本(学校のレターヘッド用紙で作成学校総長の署名付き)

 

8. (日本側)英文推薦状原本or英文身元保証書

 

9. 申請料(現金のみ) シングル:9,000円(有効期限3ヶ月)、マルチ:22,000円(有効期限1年)※ただし滞在可能期間は両方共90日間

 

*滞在が90日間を超える場合はタイに入国後、タイ国内のイミグレにて延長書類を確認すること
*日本側の英文推薦状が用意できない場合、英文身元保証書と保証人のパスポートor運転免許証のコピーで代用可。身元保証人は成人および日本在住であること

 

就労ビザ(ノンイミグラントB)

1〜4まで観光ビザと共通

 

5. 英文経歴書(大使館にフォームあり)

 

6. タイの会社の英文招聘状原本(レターヘッドで作成し、申請者名、会社名、入国目的、入国予定日、滞在予定期間、代表者の直筆署名があること。コピーは不可)

 

7. タイの会社の登記簿コピー(タイ語)

 

8. 日本の会社からの英文推薦状or英文身元保証書

 

9. タイ労働許可書のコピー(以前働いていた人)

 

10. 申請料 シングル9000円(2008/7/1から基本的にはシングル発給のみ)

 

*代理申請、郵送不可。また以下の追加書類の提出が必要になる場合がある
・タイの会社の株主名簿
・タイの会社設立趣意書、会社規約
・タイの工場経営許可書
・タイの会社の業務内容の詳細
・タイの会社の納税証明書(法人税、消費税)最新1年間
・タイの会社の付加価値税登録証
・タイの会社の損益帳簿最新1年間
・タイの会社の外国人従業員名簿(国籍、役職なども記載)
・タイの会社の組織図、所在地地図
・会社の製品を輸出していることが確認できる書類or輸出による海外からの入金確認できる銀行の書類 (輸出業の場合)
・英文卒業証明書、職歴証明書
・無犯罪証明書
・タイの会社発行の雇用契約書(雇用理由、役職、給与を含む)
・タイ労働省の様式の雇用契約書
*雇用主がタイ労働省に労働許可書取得請願書(WP3)を取っておくとビザ発給が円滑になる

 

ロングステイビザ(ノンイミグラントO-A)

1〜4まで観光ビザと共通(ただし、申請書は3枚、写真は4枚必要)

 

5. 金融証明書原本(以下のうちのひとつ)とコピー2部
- 英文銀行預金残高証明書(預金残高 80万THB以上が確認できるもの)
-年金等証明書 (年金による月収6.5万THB以上or年収80万THB以上が確認できる社会保険庁発行年金証書)
-上記の両方(預金残高証明書と年金による年収の合計が80万THB以上と確認できるもの)
※上記の書類はすべて公証人役場にて認証を受けた英文であること(発行日から3ヶ月以内のもの)

 

6. 英文経歴書3部(大使館に用紙あり)

 

7. 英文無犯罪証明書原本(各都道府県警察本部で申請できる)

 

8. 国公立病院発行英文健康診断書の原本とコピー2部

 

9.パスポート全ページのコピー 3部

 

10. 年金証書のコピーor日本側銀行残高証明書

 

11.申請料(現金のみ) 22,000円

 

*申請条件は過去にタイ国へ入国拒否をされたことがなく、タイ国内で労働を目的としない、上記の書類をすべて揃えることのできる日本国籍の満50歳以上
*書類は上記の3セットを提出するため事前にコピーをとって持参すること
*無犯罪証明書と健康診断書は日本の外務省にて認証を受けたもの。外務省での厳封のまま大使館に提出すること(O-Aビザ申請が2回目以降は外務省の認証は不要)
*ビザ有効期限は申請日から1年間。滞在期間は入国した日から数えて1年間。滞在が1年間を超える場合はタイに入国後、タイ国内のイミグレにて延長書類を確認すること
*申請は本人申請のみ。予めの申請時間予約が可
*申請者の配偶者は「0ビザ」の申請可。必要書類は5の金融証明を除く書類と戸籍謄本。ただし、滞在期間は90日間(延長可)。

 

年金ビザ(ノンイミグラントO)

1〜4まで観光ビザと共通

 

5. 月6.5万THB以上の年金証書原本とコピー1部(原本は確認後返却)

 

6. 英文経歴書1部(大使館に用紙あり)

 

7. 英文身元保証書1部(大使館に用紙あり)

 

8. 身元保証者のパスポートコピー1部

 

9. 戸籍謄本原本1部

 

10.国公立病院発行の英文健康診断書(一般的な健康診断書で可)

 

11.配偶者が同時にビザ申請を行わない場合、配偶者から理由書とパスポーor顔写真つき身分証明書コピーが必要

 

12. 申請料(現金のみ) シングル:9,000円(有効期限3ヶ月)、マルチ:22,000円(有効期限1年)※ただし滞在可能期間は両方共90日間

 

*申請条件は満60歳以上
*滞在が90日間を超える場合はタイに入国後、タイ国内のイミグレにて延長書類を確認すること

 

タイ近隣諸国のタイ大使館リスト

所在都市

国名

電話

開館

観光ビザ料金

ビエンチャン

ラオス

(856 21) 214581

月〜金

1000THB

プノンペン

カンボジア

(85-5) 23-726-306

月〜金

35USD

ハノイ

ベトナム

(84-4)823-5093

月〜金

35USD

ホーチミン

ベトナム

(84-8) 3932-7637

月〜金

35USD

ペナン

マレーシア

(60-4) 226-8029

月〜金

110RM

コタバル

マレーシア

(60-9) 744-5266

日〜木

110RM

クアラルンプール

マレーシア

(60-3) 2148-8222

月〜金

110RM

シンガポール

シンガポール

(65)6737-2475-6(ext104, 105,108)(14:00〜17:00)

月〜金

50SGD

ヤンゴン

ミャンマー

(951) 222-784

月〜金

詳細不明

※予告なく転居や閉鎖、料金変更される場合があるので、事前に確認をしてください。

 

バンコクでのビザの延長

バスの場合

52番 チャトチャックから

 

乗合バン(ロットトゥー)の場合

10番 モーチット・北バスターミナルから
26番 ラマ9世通りから
27番 MBKから
64番、82番、87番 戦勝記念塔から

 

タクシーの場合

「ジェンワッタナ通り、ソイ7のイミグレまで」というニュアンスで。

 


大きな地図で見る
※バスや乗合バンはCATテレコム前で下車。ソイ7入り口からは100m以上あるため、イミグレがシャトルバスを運行している。

ホーム RSS購読 サイトマップ