電子書籍「タイ移住マニュアル」データ集

第31章 国際結婚しよう!

タイで先に婚姻を成立させる場合に必要な書類と手順

@在タイ日本大使館へ : 最短所要2日(申請日+翌開館日)

入手する書類

・結婚資格宣言書

 

・独身証明書(婚姻要件具備証明書)

 

※これらは代理申請が可能ですが、受け取りは本人でなければなりません。

 

書類申請に必要な書類

○日本人

戸籍謄本

1部

 

住民票

1部

 

在職証明書or労働許可証

1部

学生は在学証明書、無職は不要。外国で取得したものは公証人などの認証が必要。

所得証明書

1部

無職は不要。外国で取得したものは公証人などの認証が必要。

パスポート

1部

 

申請書

1部

 

結婚資格宣言書作成用質問書

1部

 

 

○タイ人

IDカード

1部

 

住居登録証

1部

 

パスポート

1部

あれば。

その他

1部

改姓証明や離婚した相手との子どもの出生証明書など

 

 

Aタイ外務省領事局国籍認証課へ : 所要当日(営業時間中)

入手する書類

・結婚資格宣言書の認証書類

 

・独身証明書の認証書類

 

認証に必要な書類

結婚資格宣言書

1部

 

結婚資格宣言書の翻訳

1部

外務省近辺の翻訳サービスは1部400THB前後

結婚資格宣言書のコピー

1部

 

独身証明書

1部

 

独身証明書の翻訳

1部

外務省近辺の翻訳サービスは1部400THB前後

独身証明書のコピー

1部

 

 

※認証を申請する場所はこちら。ジェンワッタナのイミグレと同じ敷地です。

大きな地図で見る

 

Bタイ郡役場 : 所要当日(営業時間内)

入手する書類

・婚姻証明書
※バラの図柄の原書が2部発行されます。

 

書類申請に必要な書類

○日本人

認証済み結婚資格宣言書

1部

 

認証済み独身証明書

1部

 

パスポート

1部

 

その他

1部

各役場によって必要書類は変わります。

 

○タイ人

IDカード

1部

 

住居登録証

1部

 

その他

1部

各役場によって必要書類は変わります。

 

C在タイ日本大使館 : 所要1〜2ヶ月(日本の戸籍に反映されるまで)

申請書類

○日本人

婚姻届

2部

 

戸籍謄本

2部

新本籍になる場合はさらにもう1部

 

○タイ人

婚姻証明書

1部

 

婚姻証明書のコピー

1部

 

婚姻証明書の和訳

1部

 

住居登録証

1部

 

住居登録証のコピー

1部

 

住居登録証の和訳

1部

各役場によって必要書類は変わります。

 

Dその後
日本で戸籍に反映されたかどうかは自分で戸籍謄本などを取り寄せて確認しなければなりません。
また、Cの大使館の前にタイ役場にて配偶者の姓を変更しておかないと、日本側の戸籍では旧姓で登録されるため、再度改名届(?)を提出しなければならなくなります。

 

参考 : 在タイ日本国大使館 領事関連情報 戸籍関係

 

タイ人配偶者との結婚ビザ(ノンイミ カテゴリーO)の申請書類

書類

備考

申請書

タイ大使館内で配布

顔写真 3.5x4.5cm

2枚

パスポート全ページのコピー

 

婚姻証明書のコピー

次号で説明する、正式に婚姻した際に受取る証明書

タイ人配偶者のIDカードコピー

 

住居登録証の全ページのコピー

記載事項すべてのコピー

子どもの出生証明書のコピー

子どもがいる場合、あるといい書類

不動産売買契約書などのコピー

必ずしも必要ではないが、あればいい書類。居住先の証明になる。

ビザ代金

2000THB

※タイ側の書類はすべてタイ人配偶者の直筆サイン入りが必須
※上記は在ラオス・タイ大使館での必要書類例。予告なく変更される場合があるので、渡航先タイ大使館へ直接問い合わせる必要があります

 

タイ国内で結婚ビザを延長する場合に必要な書類

・パスポート 実物と全ページコピー

 

・申請書

 

・顔写真

 

・婚姻証明書 実物とコピー

 

・住居登録証 実物とコピー

 

・タイ人配偶者のIDカード 実物とコピー

 

・子どもの出生証明書 実物とコピー

 

・不動産売買契約書もしくは賃貸契約書の実物とコピー

 

・次のうちのどれか
 @申請日から遡って2ヶ月間に渡り貯蓄されている40万THB以上の銀行口座の預金証明と通帳実物およびコピー
 A在職証明書および給与証明書、就職先の登記関係書類一式など
 Bその他

 

・同居を証明する写真(自宅内、門構え、寝室、その他各部屋。すべてに家族が写っていること)

 

・自宅地図(自作でOK)

 

・延長料金 1900THB

 

※各自治体に設置されたイミグレーションオフィスの方針、および担当官の裁量で必要書類が変わります。事前に各管轄事務所で要確認

 

タイで生まれた子どもの出生届に必要な書類と手順(配偶者がタイ人の場合)

・まずは病院から必要書類を発行してもらい、役場に出生登録証(バイ・ガート)を発行してもらう
 ※日本人が行くような大きな総合病院では、病院が出生登録証取得までやってくれますので、退院時に受け取るだけが多いです
 ※自分で申請する場合は日本人のパスポートコピー、タイ人のIDカードや住居登録証、医師の出生証明書を持って行きます
 ※タイの役場へは出生後10日以内(うろ覚え・・・)にバイ・ガートを取得しなければなりません

 

 

・在タイ日本大使館へ行き、日本側の出生届を出す
必要書類は出生届、戸籍謄本(あれば。確認しやすくするためだそうです)、出生登録証です。
 ※タイで出生した子の届けは3ヶ月以内です

 

参考 : 在タイ日本国大使館 領事関連情報 戸籍・国籍関係

 

タイで先に協議離婚を成立させる場合に必要な書類と手順

@タイ郡役場へ

入手する書類

・離婚証明書

 

・離婚登録簿(子どもがいる場合)

 

書類申請に必要な書類

○日本人
パスポートのみ

 

○タイ人
・IDカード

 

・住居登録証

 

・婚姻証明書

 

・その他
※郡役所によっては証人を2名以上同行させることを義務付けている場合があります

 

A在タイ日本大使館

書類申請に必要な書類

○日本人
・離婚届

 

・戸籍謄本

 

○タイ人
・離婚証明書

 

・離婚証明書の和訳

 

・離婚登録簿(監督する子どもがいる場合)

 

・離婚登録簿の和訳

 

・住居登録証

 

・住居登録証の和訳

 

参考 : 日本大使館 日本人とタイ人の協議離婚について

ホーム RSS購読 サイトマップ