電子書籍「タイ移住マニュアル」データ集

第5章 タイではなにを食べる?

タイではなにを食べる?

タイ料理の基本は辛い料理だと思っているかたが多いですが、全部が辛いわけではありません。
また、パクチーなどの香草がだめだという方もいますが、全部に入っているわけでもありません。
とうがらし抜きやパクチー抜きなどもできますし、とても臨機応変なのがタイ料理の魅力です。
バンコクならばタイ料理以外でもおいしいものはいっぱいあるので、タイで暮らす際になにを食べるかは気楽に考えていいかと思います。

 

タイ料理の種類

辛い料理

ガパオ

kindle, タイ移住マニュアル


ガパオとはバジル炒めのことで、豚肉や鶏肉、シーフードなどを選択できます。タイ人も食べたいものが思い浮かばないときに食べる定番料理です。目玉焼きとの相性も抜群。

トムヤム

kindle, タイ移住マニュアル


トムヤムスープはエビのトムヤムクンなど主にシーフードか鶏肉を入れたスープです。ココナッツミルクを大量に入れて真っ白になったものはトムカーガイでこれも美味です。写真は海鮮です。

辛くない料理

ゲンジュート・サーラーイ

kindle, タイ移住マニュアル


ゲンジュートは味の薄いスープです。サーラーイは海苔で、タイの場合は岩のりのようなものです。これは塩っ気があるのスープで、辛くはないですが濃厚です。全然薄い味ではありません。

パットパック・ルアムミット

kindle, タイ移住マニュアル


野菜炒めです。ルアムミットはミックスという意味なので、各種野菜が一皿になった炒め物です。野菜が足りないなというときはパットパックか空心菜炒めを頼みますが、後者は辛いです。

ご飯もの

カオマンガイ

kindle, タイ移住マニュアル


茹でた鶏を乗せた逸品で、人種問わず愛される料理。元は中国の海南島をルーツにした料理で、タイは南部から入ってきたとされるため、英語ではシンガポール・チキンライスと表記されることも。

カオカームー

kindle, タイ移住マニュアル


豚足を八角や各種スパイスと一緒に煮込んだもので、脂っこい中にもあっさり感があるものの、においがだめな人もいるかもしれない。腸やゆで卵もオプションで付けられる。

カオナーペット

kindle, タイ移住マニュアル

アヒルを乗せたご飯。通常は店特製のタレを付けるが、なにもかけずにプリック・ナンプラーで食べてもシンプルな味でいい。ひどい店はとことんまずいので、地雷系の料理ともいえるが・・・。

カオクルックガピ

kindle, タイ移住マニュアル


ガピという魚を発酵させた味噌を混ぜたご飯で、甘い豚肉、酸っぱい青パパイヤ、生のとうがらし、揚げたとうがらし、タマネギやインゲンなどを混ぜて食べる。ちょっと上級者向きかもしれない。

麺類

タイ麺の種類
バーミー 小麦粉から作った中華風麺。細麺から太麺、幅広まで様々。ミーグロープというカリカリに揚げたものもある。近年は日本式のバーミー、単にラーメンも出始めている
クイッティアオ 米粉から作った麺で以下の種類に分かれる・センヤイ : 幅が広いタイプで食感がつるつる・センレック : 細めで、いい麺はコシがある・センミー : 極細でややスープを選ぶ・クワイジャップ : 四角いシート状でくるりと丸まって乾燥している。パロやトゥンに合う
カノムジーン 米粉を原料とし、日本のそうめんに似ている。トコロテンを作るような筒で、沸騰した湯に直接押し出して作る
クワイジャップ・ユアン ベトナム麺といわれ、南ベトナムのフーティウとほぼ同じ。米粉から作るのでクイッティアオの一種だが、うどんのようにもちもちしている
ウンセン 緑豆が原料で、いわゆる春雨
マーマー インスタント麺で、ブランドはなんであれマーマーと呼ばれる

 

スープの種類も豊富

ナムサイ

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣

透明スープ。骨など(鶏、豚、牛など)と野菜を出汁にしている

ナムトック

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣

牛(もしくは豚)の骨からとったスープに牛(もしくは豚)の血を混ぜる。クイッティアオ・ルアとも呼ばれる
パロ シナモンや八角を混ぜた五香粉をベースに作ったスープ。具材によりクイッティアオ・ガイ、クイッティアオ・ペット(アヒル)などとも呼ばれる

トゥン

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣

パロの材料にローリエを混ぜたものがベースとなるスープで肉を一緒に煮込んでいる

イェンタフォー

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣

紅腐乳(豆腐を紅麹に漬けて発酵させた中国の食品)を混ぜたもので、赤もしくはピンクの酸っぱいスープ
トムヤム 各種スープをベースにやや辛めの調味料で味を調える(合わないスープもある)
ラートナー スープとは違うが、豚肉などが入ったあんかけ麺。主にセンヤイやミーグロープにかける

ヘーング

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣

いわゆる汁ナシと呼ばれるもので、各種丼の麺でヘーングにできる。麺の食感をダイレクトに楽しめる
その他 そのほか日本風のスープや中国風など様々な種類があり、炒める料理も多い

※上記はG-DIARY (ジーダイアリー) 2013年 10月号の特集『屋台麺を極める』に掲載した資料を抜粋しています。

 

イサーン料理(タイ東北地方料理)

ナムトック・ムー

kindle, タイ移住マニュアル


辛い肉サラダという感じで、豚肉、鶏肉、牛肉、アヒルなど様々な肉で作られる。ナムトックは細切れだが、挽肉になるとラープという料理名に変わる。もち米と食べるといいし、ビールにも合う。

ゴイ・ヌア

kindle, タイ移住マニュアル

ゴイという生肉のサラダ。これは肉だけだが、血や内臓を生で混ぜるものが本物。また、豚肉などもあるし、イノシシや鹿なども生で食べる人もいる。チャレンジしてみては? という逸品。

 

鍋物

チムチュム

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣


イサーン鍋と呼ばれるもので、香草の効いたスープに辛いタレで肉や野菜を茹でて食べる。屋台で食べることが多く、ビールやウィスキーにぴったり。基本は肉と野菜のセットがついてきて、足りなければ追加注文可。

タイスキ

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣


日本のすき焼きとしゃぶしゃぶを混同していると言われるが、原点は中国の火鍋。日本の鍋のように肉や野菜を甘めのタレで食べる。有名店はMK、コカ、金島(写真)、テキサス。

 

今後も料理の紹介を追加していきますので、お楽しみに!

 

高田推薦レストラン紹介

レストラン情報は下記も参照ください。

 

タイ在住ライター・田胤臣の情報発信基地 タイの飲食情報

 

タイ移住マニュアル, kindle, 高田胤臣

ホーム RSS購読 サイトマップ